「東麗膜科技(佛山)有限公司(TMFC)」で水処理膜製品の初出荷式を開催

Jan. 18, 2022

東レ株式会社

                                   
                                   

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、2019年に設立した水処理膜製品の製造会社「東麗膜科技(佛山)有限公司」(本社:中国・佛山市、社長:関 隆志、以下:TMFC)で生産を開始し、1月17日に逆浸透(RO)膜の初出荷式を開催しました。
 初出荷式へは、来賓として、佛山市南海区経済促進局・夏泽鴻局長や南海区九江鎮・周子健副鎮長にご臨席賜り、水処理業界のお客様や、東麗(中国)投資有限公司(本社:中国・上海市、略称「TCH」)首藤董事長や高副総経理をはじめとする東レグループ関係者など、総勢68名が出席しました。

 近年、中国における水処理膜の需要は、海水淡水化、工場排水処理、超純水製造等の各分野で急拡大しています。東レは中国にRO膜製品の製造とすべての水処理膜製品の販売会社である「藍星東麗膜科技(北京)有限公司」(本社:中国・北京市、略称「TBMC」)の他、MBR製品の製造会社である「万邦達東麗膜科技(江蘇)有限公司」(本社:中国・塩城市、略称「TWMT」)を有しており、これまで多様な水処理膜を供給することで、中国の水環境改善、水不足問題の解決へ貢献してきました。
 今回のTMFC立ち上げにより、中国でのRO膜の生産能力を増強し、TBMCとの強固な協力関係の下、中国における水処理事業の拡大を加速してまいります。

 東レは、2050年に目指す世界を示した「東レグループ サステナビリティ・ビジョン」や、持続的かつ健全な成長の実現に向けた長期経営ビジョン“TORAY VISION 2030”の中で、安全な水の提供を東レグループが取り組むべき課題として掲げています。今後も、水処理事業をグローバルに展開していくことで、世界有数の総合水処理膜メーカーとして、水資源問題解決への貢献を目指してまいります。


<TMFC概要>
1.名称    : 東麗膜科技(佛山)有限公司                                              
           英語名:Toray Membrane (Foshan) Co.,Ltd 略称:TMFC
2.事業内容  : 水処理膜・水処理膜製品の製造、およびこれらに関連する技術開発・技術サービス
3.所在地   : 中国・広東省佛山市南海区
                                   
                                   


打造水处理市场新版图,东丽佛山工厂首批产品交付仪式隆重举办


 2022年1月17日,东丽株式会社(总部:东京都中央区、代表取缔役社长:日觉昭广、以下简称:东丽)在其2017年于中国佛山市设立的水处理膜生产公司“东丽膜科技(佛山)有限公司”(总经理:关隆志、以下简称:TMFC)内隆重举办了该司首批生产的反渗透(RO)膜产品的交付仪式。
 交付仪式当天,佛山市南海区经济促进局局长夏泽鸿,南海区九江镇副镇长周子健亲临现场,同时出席者来宾有来自水处理业界的各客户代表等多人。东丽集团方由东丽(中国)投资有限公司的首藤和彦董事长与高志文副总经理代表参加。共计68人。

 近年,在海水淡化、工厂排水处理、超纯水制造等各领域,中国水处理膜的市场需求正在急速增长。在东丽佛山水处理膜公司成立前,东丽在中国拥有两家水处理膜的关联公司,分别是生产反渗透(RO)膜产品和拥有东丽全产线水处理膜产品销售权的公司“蓝星东丽膜科技(北京)有限公司”(以下简称:TBMC)和污水处理装置(MBR)产品的制造公司“万邦达东丽膜科技(江苏)有限公司”(以下简称:TWMT)。通过向市场提供多样的水处理膜产品,东丽为改善中国水环境和解决水资源不足的问题不断努力贡献至今。
 佛山TMFC的设立将使东丽在中国的RO膜产能大大提升。同时,在与TBMC之间构架强有力的协作配合下,加速东丽在中国水处理产业版图的扩大。

 “东丽集团可持续性发展愿景”展示了其面向2050年所期望实现的世界。而其“TORAY 愿景2030”中描绘了东丽集团为了实现可持续且健康成长所制定的长期愿景。这两个项目中均将“提供安全的用水”作为了东丽集团的重点执行课题。今后,作为全球屈指可数的水处理膜厂商,东丽将不断通过在全球范围内开展水处理事业,为解决水资源问题奉献助力。