Toray UF 加圧型PVDF中空糸膜モジュール HFUシリーズ 概要

Mar. 30, 2021

                                   

東レの中空糸UF膜とは

東レの中空糸UF膜(限外ろ過膜)の材質は機械的強度と、耐塩素性や耐酸化性などの化学的耐久性に優れたPVDF(ポリフッ化ビニリデン)です。

膜タイプ 公称分画分子量または公称孔径 特長
HFUシリーズ (UF膜) 公称分画分子量 150,000
(公称孔径 0.01μm)
低ファウリング層を有する

ろ過方式は、中空糸膜の外側から内側へ水が流れるろ過方式を採用しており、高い濁度の原水ろ過にも適しています。

                                   
                                   

東レの加圧型PVDF中空糸UF膜モジュールとは

中空糸膜が樹脂製の容器の中に収められており、原水供給側から加圧してろ過を行なうタイプのモジュールです。1本あたり72m2の有効膜面積を持つ大型の2020タイプは、大容量処理が可能であり、大規模な水処理プラントに最適です。

地下水や表流水の浄化、下水三次処理、海水の浄化など幅広い用途にご使用頂けます。

  • ・飲料水の製造
  • ・下水の三次処理
  • ・海水淡水化の前処理 (RO膜の前処理)
  • ・工業用水の製造
  • ・工業排水の再利用

東レは以下の認証を取得した加圧型PVDF中空糸UF膜モジュールも取り揃えています。

  • ・水道用膜モジュール規格認定 (一般社団法人 膜分離振興協会)
  • ・ANSI / NSF STANDARD 61
  • ・CDPH (California Department of Public Health - Drinking Water Program)
  • ・KWWA (Korea Water and Wastewater Works Association)

詳細については弊社までお問合せ下さい。